エクササイズを成功へ導く『コントロロジーの原則』

コントロロジー(今で言う”ピラティスメソッド”)は、ジョセフ・ピラティス氏の明確なビジョンと素晴らしい指導方法のおかげで代々継承されてきています

彼は指導者やそのクライアントが、シンプルで簡単に実践できるように「コントロロジーの原則」をつくりました

下記で述べる6つの理論は、エクササイズを成功へ導く”キー”として、彼が挙げた項目です

コントロロジーの原則

そもそも”原則”とは?
多くの場合に共通に適用される基本的な決まり、という意味

コンセントレーション

集中、と言う意味

ジョセフ・ピラティス氏は、「エクササイズをするときはいつでも正しい動きができるように集中して行うこと」と述べていました

また、エクササイズは正しく行われる必要があり、意識しなくても正しく動けるレベルまでマスターする必要があるとも述べています

これはよく「自転車に乗る練習」に例えらることがあります

最初は補助なしだとバランスを取るのが難しいものの、一度バランスをとってペダルを踏む感覚が掴めれば、練習しているうちに意識しなくても自転車がこげるようになり、スピードが出せるようになって行きますね

そうして身体の使い方をひとたび覚えてしまえば、バランスが取れなかった時の自分を忘れたかのようにスムーズに乗れるようになります

コントロール

ジョセフ・ピラティス氏は、「筋肉が自分自身の意思に従って動くことが理想的である」と述べています

筋の反射的な動きによって支配されるべきではなく、コントロロジーは「意識」が筋肉をコントロールすることからはじまります

自分の身体を自分で思った通り(頭で描いた通り)にコントロールできることが理想、と言うことですね

センタリング

すべての動きは安定した身体の中心からつくられる、と言われています

ジョセフ・ピラティス氏はこの中心のことを”パワーハウス”と呼び、両肩と両股関節からできる長方形のエリアのことを指しています

中心(パワーハウス)を正しくコントロールすることにより、四肢の正しい動きを引き出す、と言うことになります

フロー

ジョセフ・ピラティス氏は「コントロロジーとは、身体が猫のようにしなやかな動きとなるように、筋肉と靭帯を柔軟にし、伸ばすことである」と述べています

エクササイズの動きは優雅で流れるように、そして一定のスピードで行うようにします

陥りやすいのが、動きの正確性を求めるあまり、動作がゆっくりになり過ぎてしまうこと

日常生活やスポーツのパフォーマンスの際に「そんなにゆっくり動くのか?」と言うことを考えると、それはもしかしたらそれらに即していないのかもしれません

指導をする側も、動く側も、流れるように動きながら動作を修正して、正しい身体の動きへ導けるのが理想的かと思います

プリシジョン

正確さ、と言う意味

「注意深く学習し、認識した動きが疎かにならないように」とジョセフ氏は忠告しています

エクササイズは正確に行われる必要があり、細部にまで気をつけてエクササイズが正しく行われるように指導をする必要がある、とも述べています

大事なことは、「綺麗なポーズ」をとることよりも、そこに至るまでにどのようなプロセスでそこにたどり着いたか?と言うこと

その”プロセス”において、より正しく、より”正確”に動けることが大切、と言うことにもなります

ブレス

ジョセフ・ピラティス氏は、「呼吸は生を受けて最初に行う行為であり、人生に最後に行う行為でもある」と述べています

また「息を吐くときは肺が真空状態になるまで、肺からすべての息を吐き出すように」と言うように、力強く息を吐き切る呼気と、完全に深く吸い込む吸気が大事であると主張していました

※やりすぎると、スウェイバックや円背姿勢を助長しかねないので注意が必要です

動作はすべて呼吸と結び付けられています

原則があるから、実践しやすい

ジョセフ・ピラティス氏、は指導者やそのクライアントが、シンプルで簡単に実践できるように「コントロロジーの原則」をつくりました

確かに一つ一つがとても地道な作業のように思われるかもしれません

しかし、この基本である”原則”さえ身につけてしまえば、たとえ行き詰まったとしても、そこに立ち返ることで進むべき方向を再確認できるのではないでしょうか?

そして、”原則”と言う土台があるからこそ、次のステップに進むことができる

そしてこの”原則”があるからこそ、ピラティスが今日まで色褪せることなく昔から受け継がれているのだと私は思います

指導者も、クライアントも、もし行き詰まることがあれば、一度こちらに立ち返ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

投稿者プロフィール

田村 恵美
田村 恵美
現在、日本国内では最大級の「パーソナル」でのピラティス指導が中心である『ピラティススタジオB&B』主に錦糸町や田町にて、ピラティス専用のマシン(イクイップメント)を使ったパーソナルトレーニング指導を月平均80件近く担当させて頂いている傍ら、インストラクターの養成講師としても活動しています
プロフィールの詳細はこちら