姿勢がくずれるとどうなるのか?

姿勢のアライメントは、運動パターンの基礎であると考えられています
そのため、それらが崩れていては、最適な動作は困難である、と考えられます

引き続き、

・何故、姿勢は崩れるのか?
・それらが身体にどのように影響するのか?

今回はそれらについてお伝えいたします

前回の記事はこちら:何故、姿勢は崩れるのか?パート1

関節の特定方向への運動の起こりやすさ

前回少しお伝えさせていただいた、「相反抑制作用」や「協同筋支配」もまた然りですが、

・特定方向への繰り返された運動(例えば、ゴルフのスイングやテニスのサーブ、野球のピッチングやバッティング等など)

は、運動パターンの変化の原因となります

それが続くと、関節は特定の方向への動かしやすさを持つようになります

※関節の特定方向への運動の起こりやすさ:少し難しい用語を使うとDSM(Directional Susceptibility Movement)と言われたりします

この“DSM”は、特定方向へのストレスや、運動により引き起こされた微細な損傷による痛みの原因となります

それが起こると、関節が本来あるべき位置からズレが生じ※、それらが運動システムの機能障害につながります

※関節が本来あるべき位置とは?
ものすごくシンプルに言えば「関節が関節窩の中心にある状態」のこと

少しだけ難しい用語を使うと、瞬間回旋中心(PICR:Path of instantaneous Center of Rotation)と言われたり、「求心位」とか「ジョイントセントレーション」とあらわされることもあります

それにより、
・周りにある靭帯や関節包の負担の分散
・怪我のリスクの減少
・主動筋と拮抗筋の最適なバランスを保つ

などが考えられています

まとめると、関節が特定の方向への動きに対する動かしやすさ(DSM)を持つようになると、関節が中心からズレた位置で動くようになり、それらが痛みや機能障害につながる、とされています

脳内情報(内部モデル、ボディーマッピング)の書き換え

・持続した姿勢(例えば、長時間座りっぱなし、立ちっぱなし等)

・特定の方向への反復動作(例えば、ゴルフのスイングやテニスのサーブ、野球のピッチングやバッティング等など)による運動パターンの変化

そして、

・それらによる脳内情報(内部モデル、ボディーマッピング)の書き換え

は、運動パターンの変化の原因となる、と言うことをこれまでお伝えしてきました

では逆に、「効率的かつ機能的な身体の動き」はどのようにつくられるのでしょうか?

主に、

・神経系からの運動指令
・関節運動
・筋の働き

によってつくられています

ただし、各要素が独立して動きをつくっているわけではなく、相互に関係を持つことによって効率的かつ機能的な動きをつくりだしています

筋肉や関節も、神経系からの指令がないと、動くことができません

さらに言えば、「姿勢制御」も、上位にある中枢神経で処理されている、と言われています

その情報が正しくなかったり、、処理が遅れたり、あるいは命令に対して筋が正しく動作しなかったりすると、姿勢を保つことができ無くなります

それらにより、
脳内情報(内部モデル、ボディーマッピング)の書き換えが起こる、とされています

では、脳内情報は、どのようにして書き換えられてしまうのでしょうか?

次回、それらをまとめていきます!

PHI Pilates 各種養成コースのご案内

Mat Ⅰ&Ⅱインストラクター養成コース

日時:
2019年11月14日・11月21日・12月5日・12月12日※すべて木曜日
全日9:30~17:30

Propsインストラクター養成コース

Mat &Ⅱ取得後3ヶ月以降の方が対象となります

日時:
2019年10月10日・10月17日※すべて木曜日

1日目10:00~16:00
2日目10:00~17;00

場所:
ピラティススタジオB&B 錦糸町

講師:
田村恵美(たむらめぐみ)

 

・PMA®︎-CPT(Pilates Method Alliance®︎-Certified Pilates Teacher)※米国政府公認ピラティス国際ライセンス(日本で9人目に取得)
・PHI Pilates Master Trainer
・PHI Pilates Mat Ⅰ&Ⅱインストラクター養成講師
・PHI Pilates Props インストラクター養成講師
・NASM-PES(米国NASM公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト)
・SFMA(Selective Functional Movement Assesment)Level 1
・あん摩マッサージ指圧師
・栄養コンシェルジュ®︎二つ星認定

くわしいプロフィールはコチラ

お申し込み・その他詳細はこちらから:
PHI Pilates JAPANホームページ

投稿者プロフィール

田村 恵美
田村 恵美
現在、日本国内では最大級の「パーソナル」でのピラティス指導が中心である『ピラティススタジオB&B』主に錦糸町や田町にて、ピラティス専用のマシン(イクイップメント)を使ったパーソナルトレーニング指導を月平均80件近く担当させて頂いている傍ら、インストラクターの養成講師としても活動しています
プロフィールの詳細はこちら