『ハングリーであれ、愚か者であれ』スティーブ・ジョブズのスピーチから学ぶ、自分の人生を生きるための教え③

みなさんこんにちは!

ピラティストレーナーの田村めぐみです^^

いつもはこちらのサイトでは、主にピラティスに関する専門的なことをお伝えさせていただくことが多くありますが、たまにはまったく違う切り口から「自分の人生をより良く生きる」ということについて、こちらを読んでくださっているみなさんと一緒に考えていきたいと思っております!

スティーブ・ジョブズについて

言わずとしれた、”iphone”を生み出したApple社の共同創設者の1人であり、”Toy Story”などで有名なピクサーの元CEOであり、アメリカの国家技術賞を受賞されています

それだけではなく、世界的なプレゼンターとしても有名であり、その中でも特に世界中に感動を与えたものの中に、2005年6月12日に行われたスタンフォード大学でのスピーチがあります

※スピーチに関してはこちらからご覧ください

今回は3部構成に分けて、そのスタンフォード大学のスピーチから、「自分の人生を生きる」ということについて考えていきたいと思います!

これまでの記事:
・点と点を繋ぐ

・夢中になるものを見つける

毎日を人生最期の日だと思って生きているか?

ジョブズは17歳のときに次のような言葉と出会いました

毎日を、人生最期の日だと思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来るから

それ以来33年間、毎日鏡をみて自問をしたそうです

「今日が人生最期の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか?」

その答えが何日も「No」のままなら、何かを変える必要があると気づきます

「自分が間も無く死ぬ」という覚悟があれば、人生で重要な決断をするときに大きな自信となるだろう

なぜなら、ほとんど全ての物、つまり、周囲からの期待、プライド、失敗や恥をかくことへの恐怖など、そういったものは、死に直面すると消え去るからです

そこに残るものは、本当に必要なものだけです、とジョブズは言いました

「死」を覚悟して生きれば、「何かを失う気がする」という心配をせずに済みます

あなたは初めから裸なんです、素直に自分の心に従えば良いのですよ

突然の余命宣告

このスピーチの1年前、ジョブズは膵臓の癌を宣告されました

医師からは、治療不可能なタイプの腫瘍だと聞かされ、3〜6ヶ月の余命を宣告されたそうです

医師はジョブズに
「家に帰って、やり残したことを片付けろ」とアドバイスをしました

つまり「死ぬ準備をせよ」という意味です

その宣告を受けて1日を過ごしました

夜になって生体検査を受けたところ、非常にまれな形態のがんで、手術で治癒が可能なものと判明しました

これが(当時)、ジョブズが最も死に近づいた経験、と言われていました

ジョブズからのメッセージ

あなたの時間は限られています

無駄に他人の人生を生きないでください

トグマ(宗教上の教養)に囚われないでください

それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません

他人の雑音で、心の声がかき消されないようにしてください

そして最も大事なことは、自分の直感に従う勇気を持つことです

直感とは、あなたが本当に求めるものをわかっているものです。それ以外は二の次です

“Stay hungry.Stay foolish(ハングリーであれ、愚か者であれ)”

ジョブズがスピーチの最後に締めくくった言葉であり、とても有名な言葉なのではないかと思います

※ちなみに、これはジョブズの言葉ではなく、1960年代に創刊された「全地球カタログ」という雑誌の最終号の裏表紙に印刷されていた言葉、ということはジョブズも自身のスピーチの中でお話しされています

いろいろな解釈があるのかもしれませんんが

未来を恐れず、自分の信じた道を突き進め!

そんな風にもとらえられるのかな、と私個人的には思いました

Stay hungry. Stay foolish(ハングリーであれ。愚か者であれ)

自身も、そんな人生を生きていきたい・・・
今のこの状況で振り返ることができたことは、きっと何か意味のあることだったのかなと、私は思います

ジョブズ氏のスピーチから、改めてたくさんのことを学ばせていただきました

ありがとうございました!

投稿者プロフィール

田村 恵美
田村 恵美
現在、日本国内では最大級の「パーソナル」でのピラティス指導が中心である『ピラティススタジオB&B』主に錦糸町や田町にて、ピラティス専用のマシン(イクイップメント)を使ったパーソナルトレーニング指導を月平均80件近く担当させて頂いている傍ら、インストラクターの養成講師としても活動しています
プロフィールの詳細はこちら