世界中の主要国で約1,200万人以上に愛され続けているピラティス・メソッド

本物志向の強いプロのアスリートやハリウッドスター、多くの有名人が実践されていることから、ピラティスのその理論と効果が確かであることが証明されています

一体、それは何故なのでしょうか?

そもそも、ピラティスとは何なのでしょうか?

概要 〜ピラティス・メソッドとは?〜

ピラティス・メソッドとは、20世紀初頭に、ドイツ人の、

ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス(Joseph Hubertus Pilates)
により、

負傷兵のリハビリテーションを目的として開発された身体調整法のことです

第一次世界大戦中、捕虜となったピラティス氏は、ベッドからスプリングを取り出して、寝たきりの患者のためにエクササイズ用の器具を作り上げました

後に「キャデラック」と言われる器具の基礎となりました

これらのことが、後に「ピラティス・メソッド」と呼ばれる考え方の始まりとなったと言われています

ジョセフ氏は、自身のメソッドのことを、
「コントロロジー(Control+logy)と名付けており、
単なる”エクササイズ”とは一線を画した、

『全身の筋肉と、精神を自分自身でコントロールするための学問』
と呼んでいました

100年メソッド」と呼ばれるほど歴史があり、昔から受け継がれています

ピラティス≠コアトレーニング≠体幹トレーニング⁈

ピラティス・メソッドは、体幹部の強さを増幅させる効果があることで知られています

しかし、必ずしも「体幹」だけにフォーカスをしたエクササイズではありません

ジョセフ氏は、
“Whole Body Movement(全身の動き)”
を重要視されておりました

あくまでも、全身の動きの調和をとる中で、体幹を強化する必要性を訴えていたのだと考えられています

ピラティスがもたらす効果

では、ピラティスがもたらす効果には、どのようなものがあるのでしょうか?

ピラティスを実践することにより、
理想的な姿勢や、それによる機能的な身体の『動き』を学ぶことが出来ます

更にそれにより、
・慢性的な痛みの改善
・疲れにくい身体をつくる
・しなやかに美しく動ける身体をつくる
・ケガなどからの早期回復
・スポーツや日常生活のパフォーマンス向上
・リハビリテーション
などが期待できます。そしてそれらは、

『生活のを高める』
ことにも繋がります

つまり、単なる「ワークアウト(トレーニング)」ではなく、

自分自身の身体の動きを、自分自身でコントロールする力が身につく(まさにコントロロジー)、という効果が期待出来ます

これこそが、
息の長いトップアスリートの高いパフォーマンスや、
長年活躍されている憧れのハリウッドスター等の美しさやしなやかな動き
等を支えているのではないかと考えられます

…では、ピラティスはアスリートやハリウッドスターのためだけのエクササイズなのでしょうか?

なんだか難しそう・・?

私に出来るのかな・・?

と思った方も少なくないかもしれません

安心してください

一つ一つのエクササイズには、何通りもの修正(強度・難度を下げるもの)と応用(強度・難度を上げるもの)があります

つまり、ピラティスのエクササイズを出来るようになるためのピラティスではなく、一人一人のお身体の状態や「なりたい姿」に合わて何通りにもアレンジを活かせるプログラムとなっております

私がピラティスをおすすめする理由

私は、ピラティスに出会う前までは、

『按摩マッサージ指圧師』

として、治療院等で活動しておりました

「完璧な」治療家になることを目指していました・・・

学生時代は、成績も優秀な方だったと記憶しています

しかし、資格取得後、多くの方の施術に携わらせて頂いた中で、施術「だけ」で状態を改善していく、ということに当時の私は少しずつ限界を感じはじめていました

(もちろん言うまでもなく、指圧やマッサージなどはとても素晴らしい技術です)

指圧やマッサージ等の良いところを活かしながら、クライアント自身がお身体を動かしながら状態を改善できる方法はないかを探した中で、やっと出会えたのがピラティス、メソッドでした

「ピラティスをはじめてから、以前よりも身体が楽になり、趣味や行動の幅が広がった、新しいことをはじめるきっかけになった」

などという声をよく聞くようになりました

そして私自身がピラティスを実践していく中で、いつも行っていたジムでのトレーニングが、驚くほど楽に行えるようになっていました

治療院での施術も、そんなに力を入れなくても勝手に力が入っていく感覚があり、疲れの度合いも変わり、仕事の質も以前よりも向上しました

理想的な姿勢や機能的な身体の動きを覚えることで、

「生活の質」

もっと言うと、

『人生の質』

は、これほどまでに変化するのだということを、私自身も身をもって実感しております