YUR®︎ BACKコース

YUR®︎ BACKコース日程のご案内

日時:

NEW!!開催決定!
11月30日(土)、12月1日(日)

現在定員・キャンセル待ち
7月18日(木)、25日(木)

現在定員・キャンセル待ち
9月21日(土)、22日(日)

各日10:00~18:00

お申し込み・詳細はこちらから

場所:
パーソナルピラティススタジオ リアライズ(東京・板橋)

受講費用:
■ 座学と実技(2日間)  113,190円(税込) (ゴムバンド・ボール付 送料込)
□ 1日目のみ(主に座学)  67,914円(税込)
□ 2日目のみ(実技)  45,276円(税込) (ゴムバンド・ボール付 送料込)
( 2日目のみ(実技)に申し込むには座学を修了していることが必要です )
( 製本テキスト 3,696円 ( 購入任意 税込・送料込 ) )

受講費用に含まれるもの:
■ 座学と実技講習の受講(2日間)
■ 教科書(PDFファイル)
■ ゴムバンド、エクササイズボール
■ 認定料
■ 資格発行料
■ 資格認定書(PHI Pilates アメリカ本部より電子データにて交付)

定員:
6名(再受講2名まで)

YUR®︎ BACKとは?

3ヶ月以上続く慢性的な腰背部痛の改善に特化したプログラム

You
Under
Reconstruction

痛みによって失われた筋力や柔軟性を取り戻し、理想の運動パターンを再構築するためのプロセスを学びます

何故今、YUR®︎ BACKなのか?

「からだ」の「要」である腰背部に、3ヶ月以上痛みや違和感が続くとどうなるのか?

多くの場合「身体を動かす」ことへの恐怖心みたいなものも芽生え、動きたくなくなるのではないかと思います

ただし、やはり人間の身体は「動く」ことを前提につくられているのではないかと、私は考えています

ではそれにも関わらず、動かなくなるとどうなるのでしょうか?

例えば体重や体脂肪の増加により、もしかしたら他の疾患を誘発し兼ねないかもしれないし、筋肉量の減少によりサルコペニアやフレイル、ロコモティブシンドロームなど他のリスクを誘発し兼ねないのではないかと私は思います

受講された方からいちばんよくいただくご感想は「YUR®︎ BACKは現場で活用しやすい」です

私自身もYUR®︎ BACKが現場で一番活用しやすいと思っております

ひとこと”腰背部痛”と言っても屈曲は避けた方が良いものやその逆などアプローチの違いがあり、機能解剖学的背景やその考え方が理解できていないと、痛みや症状を助長することにもなりかねない

すでに知っているエクササイズでも角度を変えると「こんな考え方もあるのか」と、まだまだ新たな発見があります

YUR®︎ BACKの魅力

「コンセプト」が理解できれば、特別な器具を使わなくてもエクササイズができるところだと私は考えています

クライアントがご自宅でもできるセルフケアとして、エクササイズの提案が以前よりも格段にしやすくなったのも、私はYUR®︎ BACKのおかげと思っています

最後に

ピラティスメソッドをつくられたジョセフ・ピラティス氏が生きていた50年以上前と今とでは時代背景がかなり変わり、肉体労働からどちらかというと座り仕事、同じ姿勢が長時間続くことの方が多くなりました

腰背部痛などに悩んでいない人の方が少ないのではないかと思います

伝統を守り尊重しつつ、ただ「ピラティスのためのピラティス」ではなく、時代に合わせて日々進化し続けていくことも必要なのではないでしょうか?

これからの時代において、益々必要とされるプログラムだと私は考えております

目の前のクライアントをより良い状態に導くお手伝いが出来るように、学び続け・進化し続けていきたいという方はぜひお待ちしております!!