あなたは何に自分の「時間」を使いますか?

こんにちは^ ^
ピラティストレーナーの田村めぐみです!

これまでの記事の中で

・自分の人生は自分でコントロールできる、ということ
・そのために、自分の人生の最終的な目標と価値観を明確にすること(ミッション・ステートメント

を学びました

前回の記事でも、「すでてのものは二度創られる」ということで、「リーダーシップ」「マネジメント」についても少し触れたかと思います

リーダーシップとは、「第一の創造(知的創造)」である、とされています
トップライン(目標)にフォーカスし、「何を達成したいのか」を考えること

マネジメント「第2の創造(物的創造)」
ボトムライン(最終的な結果)にフォーカスし、目標を達成するための「手段」を考えること

さらに言えば、目的地へ到着するための「梯子」を、効率的に登れるようにすることがマネジメント

その「梯子」が正しい位置にかかっているか?を判断するのがリーダーシップ

と考えられています

今回は「第3の習慣:最優先事項を優先する」を参考に、「マネジメント」についてもう少し具体的に学んでいきたいと思います

時間管理のマトリクス

「7つの習慣」を少しでも読んだことのある方なら、一度は聞いたことがあるかもしれません

人間の活動を、「緊急度」「重要度」に分けていくと、次の4つに分類されます

・第Ⅰ領域:緊急で重要なこと
例えば、締め切りのある仕事や、病気や災害など

・第Ⅱ領域:緊急ではないが、重要なこと
例えば、人間関係づくりや、健康維持、自己啓発、スキルアップなど

・第Ⅲ領域:緊急だが、重要ではないこと
例えば、日々の電話や会議、報告書、突然の来客対応など

・第Ⅳ領域:緊急でも重要でもないこと
例えば、待ち時間、テレビやネットを見続ける、だらだらとゲームをするなど

まずは、日々の生活の中で、自分が何にたくさんの時間を使っているのか?分類してみると良いかもしれません

どの領域に自分の時間を使うべきか?

「第Ⅱ領域」の活動を率先して増やせるように、自らをマネジメントすることが必要、ということはいうまでもないかと思います

受け身で生きる人が多くの時間を使ってしまうのが「第Ⅰ領域」
確かに、緊急度も重要度も高いので、時間を使うのは当然と考えられます

しかし、「第Ⅰ領域」で発生する事柄は、実は「他人」の都合により緊急と重要なだけ、ということもあります

その場は充実していても、本当に自分がやりたいこととは無関係な場合もあります

「第Ⅲ領域」「第Ⅳ領域」も減らした方が良い、と考えられます
時間には限りがあるため、重要でないことに時間を割くのはもったいない、と考えられます

「第Ⅱ領域」は、「緊急」ではないため、後回しになりがちだが、自分の未来をより良いものにしていくために、率先して時間を使う強い意志が必要、とされています

何が「緊急」で「重要」なのかは、どのように分類するのか?

そこで大事になってくるのが、「第1の習慣:主体的であること」と「第2の習慣:終わりを思い描くことからはじめる」であると考えられます

要は「第3の習慣」は「第1の習慣」と「第2の習慣」を日々の生活の中で実践する習慣、だということ

そのため、「第1の習慣」と「第2の習慣」において、自分自身の最終的な価値観や目標を明確にできていないと、結局、他人の言動や周囲の状況に振り回されることにもなりかねない・・・

「7つの習慣」はよく、「単なる時間管理のテクニック本」と勘違いされやすいですが、一つ一つを丁寧に読んでいくと、そうではないことがよくわかると思います

「時間」に管理されるのか?それとも「自分自身」を管理するのか?

よく「タイムマネジメント」というと「テクニック」に走りがちになると思います

それももちろん大切なことなのかもしれませんが、「テクニック」に囚われすぎると本来大切にしていることを見失いがちになることがしばしばあるかと思います

「時間を管理」することは、あくまでも自分の人生をより良く生きるための「手段」でしかないことを、忘れてはならないなと私は思います

自分の人生を、より良く生きるために、あなたは何に自分の「時間」を使いますか?

PHIピラティス各種養成コースのご案内

詳しくは下記をご覧くださいませ

リフォーマーⅠ インストラクター養成コース

2021年8月5日・12日(両日共木曜日)
9時半〜17時半

対象
・PHIピラティスインストラクター

・PHIピラティスインストラクター以外の受講資格
医療・保健医療に関連した国家資格、健康運動指導士、NATABOC-ATC、JASPO-AT、JATI-ATI、PHI以外のピラティス資格保有者
※その他、上記と同様の能力を有する者に関しては問い合わせ下さい

PHIピラティスインストラクター以外の方はPHIピラティスについての動画視聴・3時間の事前講習・養成コース後に別日程で試験が必要です。

コースの詳細とお申し込みはこちらから:

プロップスインストラクター養成コース

2021年7月1日・8日(両日共木曜日)
1日目:10時〜16時
2日目:10時〜17時

対象
PHIピラティスMat Ⅰ&Ⅱ取得者

コースの詳細とお申し込みはこちらから:

場所:
ピラティススタジオB&B 錦糸町

投稿者プロフィール

田村 恵美
田村 恵美
現在、日本国内では最大級の「パーソナル」でのピラティス指導が中心である『ピラティススタジオB&B』主に錦糸町や田町にて、ピラティス専用のマシン(イクイップメント)を使ったパーソナルトレーニング指導を月平均80件近く担当させて頂いている傍ら、インストラクターの養成講師としても活動しています
プロフィールの詳細はこちら